大阪市の寺院・浄土真宗西明寺は浄土真宗に則るお葬式を執り行う温かみのあるお寺です

セミナー申込みはこちら

仏事

大阪市の寺院は地蔵盆などのイベントを開催しています

仏事

大阪市にある寺院・浄土真宗西明寺は地域の皆様のためのお寺です

大阪市にある寺院では、お菓子をたくさんいただける子供にとって楽しいイベント・地蔵盆をはじめ、セミナー、講習会、寄席などを定期的に開催しているお寺です。元旦やお彼岸などの祭事も浄土真宗西明寺へお越しください。
阿弥陀如来様をご本尊として安置している浄土真宗本願寺派のお寺として地域皆様にコミュニティの場を提供する、大阪市にある寺院・浄土真宗西明寺の年間行事や祭事についてのご質問にも丁寧にお答えしていますので、ぜひ気軽にお問い合わせください。


法要(元旦会・春季彼岸会・永代経法要・秋季彼岸会・報恩講)

浄土真宗の法要法座は私のいのちに注がれる阿弥陀様の願いを味わい、報謝の心を表すものです。西明寺でも様々な法要をお勤めしております。元旦会は一年の始まりを阿弥陀様への挨拶から始める法要で、元日朝9時から正信偈をお勤めし、お屠蘇をいただきます。彼岸会は夕陽が真西に沈む時期に西方浄土を思う気持ちを重ねます。本年、春季は3月22日、味府浩子師に来ていただきました。来年は3月23日の予定です。秋季は9月25日、清岡隆文師にご法話いただきます。永代経は永代に渡ってお経、すなわち仏法を伝えていく法要です。6月11日足利孝之師に今年も来ていただきました。報恩講は宗祖親鸞聖人のご遺徳を偲ぶ、真宗寺院最大の法要です。11月11日に釈徹宗先生をお招きします。それぞれ午後2時と午後7時の2座ございます。

盂蘭盆会

お盆は8月13日14日9時~12時半、14時~17時半 15日9時~12時半に本堂でお勤めいたします。

数家族ずつ、ご先祖様の法名を安置しておろうそくを灯していただき、お焼香していただきます。初盆の方はご自宅にお参りしておりますのでご連絡ください。

16日の19時から20時には境内にろうそくを灯して、荘厳な雰囲気の中でお勤めに遇っていただきます。

いずれもどなた様でもお参りできます。

法事

法事は年回法要、年忌法要とも言い、亡き方のご命日をご縁として、ご家族・親類・友人の方たちが仏法に出会う場です。亡くなってから1年目に一周忌、2年目に三回忌を営み、以下七回忌、十三回忌、十七回忌、二十五回忌(二十三回忌、二十七回忌の場合も)、三十三回忌、五十回忌…と続きます。可能であれば僧侶とともに声を出してお勤めし、お念仏して仏恩報謝の心を表していただければと思います。法事は西明寺の本堂で営むこともできますし、会食の場所(35名程度まで)もございます。お食事をされる場合は仕出し料理屋さんのご紹介もできますのでお気軽にお問い合わせください。(ご自身のお知り合いの料理屋さんでも構いません。)

葬儀

葬儀は大切な方とのお別れの場であると同時に、いのちのあり方について考え、感じていく尊い場でもあり、また、亡き方との関係を新たに築いていく場でもあります。亡くなった近しい方と同じく自分のいのちにも阿弥陀様の願いがかけられており、いずれお浄土へと至る道を今歩ませていただいていることを知らせていただく機縁となります。西明寺では故人を見送るご家族のお気持ちに寄り添い、大切な方への思いをしっかりと抱いて人生の道を歩んでいくお手伝いをいたします。葬儀のあと七日ごとの中陰のお勤め、四十九日(満中陰)法要、納骨などについてもお気軽にご相談ください。

大阪市にある寺院・浄土真宗西明寺は港区のJR環状線・弁天町駅から徒歩12分の場所にて、古くから地域の人々に信仰されてきた歴史の深いお寺であり、浄土真宗本願寺派のお寺としても有名です。煩悩をかかえて苦しむ人間たちを、すぐにでも救いたいという慈悲の心をお持ちの阿弥陀如来様を本尊に戴く由緒や歴史のあるお寺で、人生の重要な仏事である法事、法要、葬式を執り行えます。また、毎年開催する地蔵盆はお子様にとってかけがえのない思い出となりますので、ぜひ気軽にご参加ください。
大阪市にある寺院・浄土真宗西明寺では、今後の大切な人生のために浄土真宗についての説法を行い、彼岸会、盂蘭盆会、永代経法要、報恩講などの年間行事にご参加いただけますので、季節の参詣やイベント・年中行事の際は、皆様お誘い合わせの上、ぜひ足をお運びください。